時代と共に進化する通信関連機器

>

通信機器の大進化

目覚ましい通信機器の進化

ここ数年でやはり通信機器はとてつもないスピードで進化しています。
実際この進化のスピードについていけずに、置いてかれてしまっている人も中にはいると思います。

一昔前では電話やメールは携帯(ガラケー)で、ネットサーフィンはパソコンでというスタイルが一般的であり、ネットなど有識者や仕事関係で必要な者が使い、一般の人は電話やメールを基本的に携帯でするだけというような感じでした。
もっと前では携帯なんてものは存在せずポケベルなんていうものを使っていたのですが、今の若者では見たこと無いのは当たり前で、名前さえ聞いたことない子が多いかも知れません。

しかしこのポケベルを用いていたのは1990年代なので、大昔の用に感じて実は20年前くらいです。
ちょうど私が生まれた年代なので、私は非常に懐かしく感じてしまうのですがね。

通信機器の進化による変化

上述のような通信技術の変化において、変わったものはいくつもあります。
しかしその中でもいちばん大きく変化したのはコミュニケーションの形態では無いかと思います。

上述のように昔の遠隔コミュニケーションツールとしては電話が主流であり、後々当時の若者達が電子メールを使用するようになりました。
今でももちろん電話や電子メールは今でも使用されていますが、今若者が用いているコミュニケーションツールと言えば誰もが思い当たるのは「LINE」ではないですか。
今ではLINEは必ずと言っていいほどスマートフォンにインストールされるようになっていますが、昔は全くそういうふうな広く普及したアプリではありませんでした。

LINEもどんどん進化してきて、便利にはなっていますが、やはり文字でのやり取りなので相手の気持ちを正しく汲み取ることがしにくいと思うので、個人的には電話のほうが好きです。


この記事をシェアする

トップへもどる