時代と共に進化する通信関連機器

>

今の時代の通信機器

進化するコミュニケーション形態

前述のように通信機器を用いた遠隔コミュニケーションはLINEの登場を皮切りに大きく変化しました。
以前のような一対一のメールのやり取りから、より会話に近い形のやり取り、そして今や誰もが使う便利機能であるグループ会話に変化しました。

グループ機能は初期のLINEで既に存在した機能ですが、今は当時より進化し、より使いやすいものになりました。
自分が一番重宝して使っているのはアルバム機能と予定調整機能です。

自分はよく思い出にと写真を取り、そして消せないタイプなので非常に昔の写真もスマホに入っていて、容量が無くなることが多かったのですが、ラインのアルバムを用いれば基本的に無期限で写真を保管してくれているので、スマホの容量に左右されずいつでも好きな写真を見ることができます。

また予定調整機能は、友人などとスケジュールをあわせる時に非常に便利で、いつも用いています。

これからの通信機器

通信機器は今後もどんどんと進化していくと思います。

あと10年もすれば今のような大きさや機能のスマートフォンも旧式と呼ばれ、もっと最先端の小型かつハイテクな通信機器が誕生すると思います。
今やSFの世界でしか登場しなかった画面が無く、空中に映像を投影するような機器の開発も進められています。
私達が今で言うSFの世界に身を置き、あのようなハイテクな生活を送るのが今や有り得ないことでは無くなっているのです。

今後自分たちはどんどん最先端なものを用いて生活していく訳ですが、個人的にはこのような過去があって今があるということ、そして今使っているような通信機器の良さも、これらの社会を行きていく人たちにも知ってほしいとは思います。


この記事をシェアする

トップへもどる